TOP > 製品情報 > 試作・その他加工 > 光造形(3Dプリンタ)

光造形(3Dプリンタ)

プロテックジャパンの光造形とは

光造形(3Dプリンター)とは、紫外線を照射することで硬化する特殊な液体樹脂を槽に溜め、紫外線のレーザーをあてて硬化させ、積層して成形する樹脂加工工法です。この技術により、3次元でつくったデータとほぼ同じ、表裏完全かつ精密な樹脂立体物を短時間で製作できます。
プロテックジャパンでは、光造形(3Dプリンター)を使用した製作を早くから取り入れ、お客様のニーズにお応えし、高い評価をいただいております。また、樹液だけでなく粉末を使った粉末積層造形にも対応しております。
  プロテックジャパンの注型とは

光造形の特徴

POINT1 短時間で表裏完全かつ精密な樹脂立体物の成形ができる
POINT2 量産前のチェック、マスターモデルなどにも活用
POINT3 紫外線硬化型樹脂、粉末積層造形に対応
 

用途実績

  • 車部品
  • 家電部品
  • 衣類装飾品
  • 医療用モデル
  • 試作品
  • サンプル品

可能材質

アクリル系樹脂   ゴム系樹脂                

  • 03-5920-0811
  • 03-5920-0812
  • お見積り依頼
  • お問い合わせ